餌の種類

犬に対して与えるドッグフード選びについて考える時に気にしなければならないのはアレルゲンばかりではありません。栄養価についても注意をしつつ与えなければ、今度は別の問題が発生してしまう可能性があります。例えば人間がそうであるのと同じように、犬にも生活習慣病と言うものが発生してしまう可能性があります。

犬に与えるドッグフードについて重要なポイントとなるのが、対象となる年齢による違いです。子犬の頃から与えている子犬用のドッグフードを、大きくなってからも与え続けるというのは、やってしまいがちなことですが、実は問題があります。というのも、子犬用のドッグフードというのは成犬用のドッグフードに比べて栄養価が高く、カロリーも高くなっているためです。そのまま与え続けると、肥満の原因となり、生活習慣病に繋がってしまう場合があります。

また、ローフードなどについても十分注意をする必要があるでしょう。ローフードは生のドッグフードであるため、犬からすると美味しい食事として喜ばれることになります。しかし、加熱などが行われていないために食中毒などのリスクがあるなどのデメリットもあります。それぞれのドッグフードの持つメリット・デメリットを見て考える必要があるでしょう。

アレルギー対策

犬のアレルギーについて気になるのであれば、十分注意しなければならないのが犬の食事となる餌の選び方についてです。中には自分が食べている食事をそのまま犬に与えるという人もいますが、実はこれは良いものではありません。というのも、人間と犬とでは消化吸収の能力に違いがあり、人間にとっての美味しい食事は大抵の場合犬にとっては健康上よくないものであるためです。

そのため、基本的に犬には犬の、専用の食事であるドッグフードを用意して食べさせるようにしましょう。しかし、このドッグフードについても種類が多くあり、そのうちどのようなものを選択するのが良いのか、というのが難しいポイントとなっています。特にアレルギーがある犬の場合については、十分注意をしてドッグフードを選ばなければならないでしょう。

こちらの記事で紹介したように、動物病院で犬のアレルギーについて把握しているのであれば、ドッグフードは比較的簡単になります。というのも、ドッグフードの成分表示を見ることによって、アレルゲンが含まれているかどうかを確認できるようになっているためです。必ず原材料を見て、使用されている素材のなかにアレルゲンがないことを確認するようにしましょう。

 

食物アレルギー

それでは、犬のアレルギーについて、より具体的に紹介します。ここでは食物が原因となっている食物アレルギーについてです。人間の食物アレルギーが人によってアレルゲン(アレルギーの原因)が違っているのと同じように、犬のアレルギーも犬によってアレルゲンに違いがあります。ただ、人間の場合と犬の場合とでは、アレルゲンになりやすい食物の種類には違いがあります。

犬の場合、アレルゲンとなっていることが多いのが、タンパク源です。例えば牛乳や乳製品、鶏肉などが原因物質となっていることが多くあります。また、これ以外にも大豆やとうもろこしのような穀物が原因となっている場合もあります。さらに、添加物と呼ばれる人工の物質が原因となっていることもあるため、犬によって違うアレルゲンについてしっかりと把握することが重要になるでしょう。

それでは、犬のアレルゲンを正確に把握するためにはどのような方法があるのでしょうか。これは自分で見抜いて判断しようと思っても難しいものです。こういった場合には、動物病院に犬を連れていき、アレルゲンの検査をしてもらうようにしましょう。テストを行えば簡単に把握することができる上、確実で犬にも負担が少ない方法です。

犬のアレルギー

体外からの危険な物質などを退けるために、人間を始めとして多くの生物には免疫という機能があります。この免疫機能による効果は基本的にメリットの方が大きく、これによって健康を維持することができている面が大きいのですが、実はこの免疫機能によるデメリットが発生する場合があります。それが、アレルギーと呼ばれるものです。

例えば人間の場合、食物アレルギーや花粉症、あるいはアトピーなどがアレルギー症状として有名なものです。これらのアレルギーというのは、外敵となるものが体内に取り込まれた時に、免疫機能が過剰反応してしまうことによって発生するものです。外敵自体の攻撃よりも、免疫機能による攻撃によって様々なデメリットが発生することになります。

このアレルギーは、人間だけではなく、例えば犬にも発生することがあります。それでは、犬に発生するアレルギーとしてはどのようなものがあるのでしょうか。犬にアレルギー症状が出ているかどうかを確認するための方法について、まずは簡単に紹介します。

犬のアレルギーとして多いのは、皮膚疾患と呼ばれるものです。つまり体表に対して問題が発生するもので、主にかゆみなどが発生することになります。犬がやたらと体を痒そうにしていたり、抜け毛やフケが多いという場合、こういった皮膚アレルギーが発生していることが考えられるでしょう。また、特定の場所が赤くなることが多い、というような場合もアレルギー症状の可能性があります。