犬のアレルギー

体外からの危険な物質などを退けるために、人間を始めとして多くの生物には免疫という機能があります。この免疫機能による効果は基本的にメリットの方が大きく、これによって健康を維持することができている面が大きいのですが、実はこの免疫機能によるデメリットが発生する場合があります。それが、アレルギーと呼ばれるものです。

例えば人間の場合、食物アレルギーや花粉症、あるいはアトピーなどがアレルギー症状として有名なものです。これらのアレルギーというのは、外敵となるものが体内に取り込まれた時に、免疫機能が過剰反応してしまうことによって発生するものです。外敵自体の攻撃よりも、免疫機能による攻撃によって様々なデメリットが発生することになります。

このアレルギーは、人間だけではなく、例えば犬にも発生することがあります。それでは、犬に発生するアレルギーとしてはどのようなものがあるのでしょうか。犬にアレルギー症状が出ているかどうかを確認するための方法について、まずは簡単に紹介します。

犬のアレルギーとして多いのは、皮膚疾患と呼ばれるものです。つまり体表に対して問題が発生するもので、主にかゆみなどが発生することになります。犬がやたらと体を痒そうにしていたり、抜け毛やフケが多いという場合、こういった皮膚アレルギーが発生していることが考えられるでしょう。また、特定の場所が赤くなることが多い、というような場合もアレルギー症状の可能性があります。