食物アレルギー

犬それでは、犬のアレルギーについて、より具体的に紹介します。ここでは食物が原因となっている食物アレルギーについてです。人間の食物アレルギーが人によってアレルゲン(アレルギーの原因)が違っているのと同じように、犬のアレルギーも犬によってアレルゲンに違いがあります。ただ、人間の場合と犬の場合とでは、アレルゲンになりやすい食物の種類には違いがあります。

犬の場合、アレルゲンとなっていることが多いのが、タンパク源です。例えば牛乳乳製品鶏肉などが原因物質となっていることが多くあります。また、これ以外にも大豆とうもろこしのような穀物が原因となっている場合もあります。さらに、添加物と呼ばれる人工の物質が原因となっていることもあるため、犬によって違うアレルゲンについてしっかりと把握することが重要になるでしょう。

それでは、犬のアレルゲンを正確に把握するためにはどのような方法があるのでしょうか。これは自分で見抜いて判断しようと思っても難しいものです。こういった場合には、動物病院に犬を連れていき、アレルゲンの検査をしてもらうようにしましょう。テストを行えば簡単に把握することができる上、確実で犬にも負担が少ない方法です。